気がつけば部長です・・・
いつの間にか部長になっていた僕の毎日を書けたらいいな
プロフィール

yoshi20000

Author:yoshi20000
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

小児ぜんそくでの入院
また、小児ぜんそくを引き起こす要因が分かれば、日常生活の中でその要因を排除する対策をとることで発作が起こるのをある程度予防することができます。
例えば、小児ぜんそくの誘因がハウスダストであれば、毎日こまめに掃除することが発作の予防に役立ちます。
でも、小児ぜんそくのアレルゲンを上手くコントロールできなかったり、風邪やインフルエンザをこじらせてしまった場合には症状が悪化してしまうこともあります。
小児ぜんそくの重症度にもよりますが、1日に数回点滴を受けることになりますので、じっとしていることのできない小さな子供には辛い日々になりますね。
小児ぜんそくの入院治療は主に飲み薬と点滴の投与によって行われます。
大発作の治療を受けて1時間後に改善が見られない場合、小児ぜんそくの発作で入院した経験がある場合や、通院が困難な場合には入院を勧められるのが一般的です。
気になる小児ぜんそくの入院費用ですが、3日の入院で4、5万円、8日で10万円前後と決して安いとは言えませんよね。
小発作がたまに起こるくらいの軽度の小児ぜんそくであれば、家庭で医師に処方された薬を与えたり、吸入器を使うことで対処できます。
そうなると家計にかなりの負担になりますので、ぜんそく認定を早めに受けて、国や地方自治体の補助を利用したいですね。
点滴と飲み薬で小児ぜんそくの症状が落ち着いてきたら、徐々に点滴の頻度を減らしていき、最終的に点滴なしでも発作が出なくなったら退院が検討されます。
しかし、小児ぜんそくの症状が慢性化したり悪化を繰り返したりして入院を年に数回余儀なくされることもあります。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tvgroup.blog121.fc2.com/tb.php/1320-5c109a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。