気がつけば部長です・・・
いつの間にか部長になっていた僕の毎日を書けたらいいな
プロフィール

yoshi20000

Author:yoshi20000
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

小児ぜんそくの長期管理治療薬
そのため、軽傷の子供たちを中心に、治療薬を用いない小児ぜんそく対策というのもあるにはあるのでしょう。
服用しなくて済むのであれば、服用しないというのも一つの考え方だとは言えます。
子供の健康を考え、空気の綺麗な田舎で暮らすというのは、その代表的な例ですね。小児ぜんそくは発作が出た時だけが勝負ではなく、体調の落ち着いている時ほど重要視する必要があるのです。
小児ぜんそくの治療薬には、発作が出た時に取り敢えずそれを抑えるために使う発作治療薬と、毎日定期的に服用する長期管理治療薬とがあります。
気になる方は是非、関連のブログやサイトで調べていただいてもいいでしょう。
現在我が国では、比較的副作用が少なく、服用も容易な吸入ステロイド薬という治療薬が最も多く使用されています。
けれど、その一方で、特に気道が敏感になっていて、ちょっとしたホコリなどを吸っても粘膜が炎症を起こすのが小児ぜんそく。

小児ぜんそくの治療薬として、現在最も多く使用されている吸入ステロイド薬は、気道粘膜の炎症を抑える作用を持った薬です。
なので、小児ぜんそくの発作が落ち着いている時ほど、安心せず、こうした治療薬による改善が必要になるのではないかと私は思います。
ぜんそくは何と言ってもアレルギー性の疾患ですので、日々のケアと対策がとても大切なのではないでしょうか。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tvgroup.blog121.fc2.com/tb.php/1317-0230bb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。