気がつけば部長です・・・
いつの間にか部長になっていた僕の毎日を書けたらいいな
プロフィール

yoshi20000

Author:yoshi20000
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

小児ぜんそくの原因
けれど、一時的にそうした目に見える原因を取り除いても、小児ぜんそくが完治する訳ではないという事を知っておきましょう。
そうなんです、小児ぜんそくの根本的な原因は、空気というより、やはり本人の体質だと考えるべきなんですね。
何せ、気象状況だけは、いくら子供の病気の原因になるからと言っても、易々と私たち人間の手で調整出来ないですものねぇ、大変です。小児ぜんそくの原因は、ダニやホコリなどのハウスダストやペットの毛、それに花粉などなど、所謂アレルギーを引き起こすアレルゲン物質だと言われています。
ただ、その気道の粘膜が炎症を起こす原因は何かと言うと、やはりホコリなどのアレルギー物質という事になるんだけど・・・。
そして、そのための一環として、まずは気道の粘膜が炎症を起こす原因となるアレルギー物質を出来る限り遠ざけるのが小児ぜんそくの最も身近な対策の一つです。
これは食物アレルギーによる小児ぜんそくで、他に、激しい運動をした時に発作が出る運動誘発性のものもあります。

小児ぜんそくの原因は、必ずしも空気汚染だけとは限っていません。
特に昼夜の寒暖の差の激しい春先や秋口は、最も小児ぜんそくを発症しやすい時期でもありますから、十分気をつけなければなりません。
そのため、空気汚染が進む昨今、花粉症やアトピー性皮膚炎などと同様、着実に患者数が増えている病気なんですよね。
まあそういう事ですから、原因となる環境物質だけを取り除いたところで、めでたしめでたし、小児ぜんそくとはバイバイという容易なものではないという事なんですよ
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tvgroup.blog121.fc2.com/tb.php/1316-a6910ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。