気がつけば部長です・・・
いつの間にか部長になっていた僕の毎日を書けたらいいな
プロフィール

yoshi20000

Author:yoshi20000
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

ドライアイは眼科で受信
オフィスワーカーでは、3人に1人がドライアイになっていると言われていて、眼科に通う人もたくさんいます。
涙の安定性が悪い人にも有効なドライアイの治療法で、涙点プラグで一時的に涙を貯めることで安定性が改善されます。

ドライアイになった時の眼科の検査は、涙の量を量るシルマーテストや、目の表面の角膜や結膜の状態をみます。
様々な治療を施すことで眼科は、ドライアイの色々な症状に対して、積極的に改善を試みます。
重篤なドライアイの場合、眼科では、自分の血液を採取して血清を点眼する血清点眼の治療を施します。

ドライアイには、眼科は、涙の蒸発を防ぐ保護メガネの使用をすすめることもあり、これは有効な方法です。
涙の排出口となる目頭の涙点をシリコーン製の栓でふさぐことで、眼科は、ドライアイに対処します
この眼科のドライアイの治療は、いわゆる涙を貯める治療で、涙が減少しているタイプの人に有効な治療です。
眼科ではドライアイの原因を体質とみていて、目が乾きやすい体質と判断して治療していくことがよくあります。
目の表面を保護する粘液が少ない人もいて、ドライアイに対しては、眼科は慎重にその原因を追求します。
瞬きが少ないこともドライアイの原因なので、眼科では、コンピュータ作業などの際、瞬きの回数を増やすことを指導します
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tvgroup.blog121.fc2.com/tb.php/1259-37b48430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。